もののしくみ研究室 二和向台教室

もののしくみ研究室の特徴

身近にあるしくみを自分自身で確かめる

毎日の暮らしの中にある自動ドア・信号機・踏み切りなど、これらの物は子供たちにとっては生まれた時からある「当たり前の物」です。
子供たちにとって有意義なロボットプログラミング講座として、もののしくみ研究室が辿り着いた結論は「身近にある社会に意義を認められたものの紹介から始めよう」ということでした。
毎月変わるテーマを研究することで、自然と興味・関心が沸いて想像力が身に付けられます。

ブロックはアーテック社の国産ブロックを使用

dog_robot

講座で製作する機器やロボットは、縦・横・斜めに自在につなぐ事のできるブロックを使います。専用ブロックではないので、見た目はイマイチですが、あらゆる形を作り上げる事が可能となっている事で、基本パーツの種類が少なくキット代も安くすみます。
1年目のディベロッパーコースのキットのみで、信号機から歩行、車、アームまで製作できるのが、本講座の特徴となっています。

プログラムソフトは子どもが解りやすいScratchベースのオリジナルソフトを使用

StuduinoのUI画面
StuduinoのUI画面

ロボットを動かすためのプログラミングは、子どものプログラミング入門に最適なScratch(スクラッチ)をベースとしたオリジナルのアプリを使います。マウス操作でブロックを組み合わせる操作と、簡単な文字入力のみでプログラミングが組め、プログラミングの構造がどのようになっているかが解りやすいのが特徴です。

ものづくりメーカーの協力でリアルなテキスト

テキストは、その“もの”を初めて作った人のアイデアや苦労を想像できるように、“もの”の目的や必然性、目的達成のための別の方法などを詳しく紹介しています。
また各回の巻末には、本物を製造しているメーカーへのインタビューを掲載。自分の作ったロボットとの共通点や違い、プロの心意気が伝わるようになっています。

img2

教室ブログ